相続の理解

不動産売買に伴う相続への理解度を確認しましょう。

相続に伴う手続き

・相続登記とは 不動産の所有者が亡くなられた場合に、不動産の登記名義を亡くなった方から 相続される方へ名義の変更を行なうことです。
所謂、名義変更する手続きのことを指します。

・不動産の相続登記手続きは、大きく分けて3つです。
遺言書による相続登記、遺産分割による相続登記 、法定相続による相続登記があります。

・遺言書による相続登記 不動産の相続登記は、遺言書がある場合に、 遺産分割協議より優先して遺言書による相続登記を実施します。

相続の流れ

1.死亡届けの提出
2.遺言書の有無を確認
3.相続人できる人の確認
4.相続遺産の目録作成
5.相続放棄・限定承認の手続き
6.遺産分割協議
7.遺産分割協議書の作成
8.名義変更手続き
9.相続税の申告・納付 人が死亡してから7日以内に死亡届けを提出する必要があります。 相続放棄・限定承認の手続きは、3か月以内。 相続税の申告・納付は10か月以内と相続の手続きには期限がございます。 予めしっかり確認を行いましょう。

相続税

相続税の計算方法は、非常に複雑です。 専門家に確認することをお勧め致します。

※ご参考までに以下のような計算式となります。

相続税の課税価格の計算方法 課税価格=相続財産評価額+みなし相続財産ー債務・葬式費用 +相続開始前3年以内の贈与財産+相続時精算課税制度適用分
・相続税の総額の計算方法 課税遺産総額=課税価格ー基礎控除額 法定相続分で按分→相続税の総額の計算

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ