家が売れない人、家が売れる人の違いとは?

家が売れない人、家が売れる人の違いとは?

家が簡単に売れる人もいれば、いつまで時間が経過しても
売れない人がいるのはなぜでしょう。
家が売れる人は、ポイントを理解しているor運が良いのでしょう。
一方で、家が売れない人は正しい売却手法を用いていない可能性があります。
正しい家の売却手法を身につけましょう。

・家が売れない本当の理由とは?

家が売れない人は、初回の不動産業者選定を誤っている可能性があります。
不動産業者選定を誤ると、本来売れるべき家も売れない可能性があります。

・不動産業者には、得意な分野が存在する?(家が売れないのは言い訳?)

家を売る際に不動産業者に査定から媒介契約を交わすことになりますが、
不動産業者の得意分野を理解せずに依頼を行う売主がいます。
賃貸が得意な不動産業者もあれば、売買でも戸建の売却、マンションの売却、土地の売却とあり
得意な分野が存在していることを理解しましょう。
※不動産業者の方が良く話す言葉として、「戸建とマンションの販売手法は異なる」といいます。
売却も同様なのです。

・家の売却に向けて、不動産業者の得意分野を見抜く方法とは?

「家が売れない」、「家が売れる」は上述の通り、担当する不動産業者がその分野において
経験や得意分野であるかが問われます。
ではどのように得意分野を見抜くか確認をしましょう。

1.不動産の店舗の前に貼ってあるチラシを確認しましょう。

⇒店舗の前に貼ってあるチラシは、賃貸?売買?どちらでしょうか。
貼ってる枚数や、最初に張り出されているチラシの種類で得意分野がわかります。
さらに、不動産売買であったとしても、「戸建の売却」「マンションの売却」「土地の売却」と
種類があるため、詳細までしっかり確認することが大切です。

2.家の売却に向けて、不動産業者のHPを確認しましょう。

⇒HPには、店舗に貼ってある不動産情報以上に物件情報が掲載されています。
TOPページに貼り付けてある不動産情報や、最近更新されている不動産情報、
最も物件数が多い種類などを確認すると、その不動産業者の得意分野がわかります。

3.ポスティングチラシを確認しましょう。

家に配達されている不動産業者のチラシにも工夫があります。
そのチラシにはどのような種類が存在しますか?
戸建?マンション?土地?とありますので、チラシでも得意分野がわかります。
いかがでしょうか。
正しい不動産査定、依頼、売却をするためには、正しい手順で不動産業者に依頼する必要があります。
家が売れない本当の理由は、依頼している不動産業者に問題があるかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーー
不動産売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ウチモTOP

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ