不動産買取と売却査定ではとことん情報を伝えることが大切?

不動産買取と売却査定ではとことん情報を伝えることが大切?

不動産買取と売却査定では自分のマンションや戸建、土地の情報は
どこまで正確に伝えるべきでしょうか?
良い所ならまだしも悪い所までの全て伝えるべきなのでしょうか?

不動産買取や売却査定では正確に情報を伝える

まず、前提として重要なのは不動産買取でも売却査定でも
持っている不動産の情報を正確に伝える必要があります。
登記簿に載っている情報はもちろんのこと、自分にしか分からない情報までも
しっかりと伝える必要があります。

悪い情報も不動産買取や売却査定には必要

もちろんお持ちの不動産によっては
古く、時間が経ってくるにつれて悪い箇所も出てきます。
そういった内容も含めて不動産買取や売却査定では全て伝えることが重要です。
なぜなら結果的に内覧や売りに出したタイミングでバレてしまうことだからです。

情報を伝える時は不動産購入者の事を考えて伝えることが大切

これらの良い情報も悪い情報も伝えることの重要な考え方に
不動産購入者の事を考えるということがあります。
例えば購入する人がお得に購入出来たや、自分が気に入った不動産を購入出来た
と聞くといいですよね?
そのためには良い情報、悪い情報も含めて不動産購入者にお得な情報を伝えてくことが必要です。

どうやって不動産購入者にお得な情報を伝えていくか?

例えば日当りの良さや住み心地や近隣情報など実際に住んだ人しか分からない
情報を伝えていくことも重要です。
こんな情報を不動産購入者はほしがらないだろう。というような情報も
案外気になっていたりするものです。
不動産買取や売却査定は情報が多ければ多いほど正確になりますし、
不動産購入者も購入を検討しやすくなります。
しっかりとどんな情報も出していきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ