不動産売却・買取依頼において、不動産業者の間違った選定方法とは?

不動産売却・買取依頼において、不動産業者の間違った選定方法とは?

不動産売却・買取依頼をする際に、どの不動産業者に依頼をするべきか悩むものです。
インターネットが普及する前は、「大手不動産だから」「駅前の不動産だから」など
わかりやすい指標で選定をされていました。
一方で、インターネットが普及した現在では情報化社会のため、以前のような不動産業者選定とは
変わってきております。

・不動産業者の間違った選定方法とは?

皆様からよく質問を頂く項目について下記に記載致しました。
不動産業者選定における内容について、1つ1つ確認をしましょう。

1.不動産業務の経験が長い方が良い?

経験がないよりはあった方が良いと思いますが、
経験=集客力が結びつかない時代となりました。
売却依頼をする上で、集客力に自信を持っている会社は重要です。
以前は、不動産業務の経験=宅建の免許番号で確認している人もおりました。
※5年に1度、免許の更新が行われ、番号が1つずつ増えていきます。
そのため、免許番号が多い会社程、業務経験が長いことになります。
⇒かなり前ですが、3年に1度更新される時代もありました。

2.駅前の不動産業者が良い?

確かに、駅前の不動産業者の方が飛び込みで来店されるお客様もいらっしゃることから
立地条件により集客力は異なっているのは事実です。
一方で、インターネットが普及したことにより、立地条件=集客力が崩れてきているのも事実です。
これもあるに越したことがないという程度です。

3.大手不動産業者が良い?

実績、経験共に大手不動産業者が持っているのは事実です。
基本的な事項による対応力も平均値では高いことが考えられます。
一方で、保守的にビジネスをやらざるを得ないことや、金額による優先順位などの
プライオリティがはっきりしているのが特徴です。
皆様の売却される不動産が、大手不動産業者からみて優先順位が高ければしっかり対応してもらえます。
所謂、売却価格や物件そのものが良い場合です。一方で、条件が悪い場合には後回しにされてしまう可能性もあります。
1~3は、どれもあった方が良いという内容で決定打には至りません。
担当される営業マンの方の対応や、万が一売れない場合の対応策など
先を見越した対応をしてもらえる不動産業者、営業マンを選定することが重要です。
情報化社会だけあって、総合的に判断する時代が来ております。
1つの参考として下記に不動産会社の選定方法を記載しております。
ご参考までに確認をお願いします。

・不動産会社の選び方

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ウチモTOP

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ