古い建物、不動産査定をするべきか?

■テーマ 古い建物でも、不動産査定をするべきか?

 

古い物件だから売れないと考え、売却を諦めている方も多いのではないでしょうか。

特に相続にて物件を所有したものの古い物件は価値がないと考えられる方も多いと伺います。

一方で、近年はリノベーションブームが起こっており、築40年、50年以上の物件であっても

立地条件によっては新たな価値が生れることも多いようです。

特にリノベーション物件は、購入者層にとって新築は価格の面で購入できなくともリノベーション物件であれば

内層は新築と変わらない状況で、安く購入できることから人気が出ております。

 

古い建物だからという理由で売却を諦める必要はありません。

また、更地にしてから売却検討を考える方もいらっしゃいますが、更地にするための

解体費用は大きさにもよりますが、100万前後は最低必要になってきます。

先ずは、現状の建物、土地の価値を正確に理解し、その上で売却手法を検討しましょう。

 

上記に記載させて頂いた相続物件の場合、荷物などの処分なども考える必要性が出てきますが、

売却には一般の方への売却のみならず、不動産会社へ買取依頼を行うこともできます。

全ての会社ではありませんが、相続物件、共有名義の共有不動産、事故物件、訳有物件を含め買い取ってもらえる会社があります。所有物である荷物なども含め取り扱ってもらえる不動産業者がありますので、先ずは相談することをお勧め致します。

※一般的には、大手不動産会社は権利関係が難しい案件などの買取は行っていないことが多いです。

 

ウチモでは上記のような不動産でも、一括査定が可能です。

無料でご利用頂けますのでご安心ください。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡単45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ