不動産売却に伴うリフォームのメリット・デメリット

■テーマ 不動産売却に伴うリフォームのメリット・デメリット

築が古い中古住宅の売却を考えた際に、「現状では売れないからリフォームしなければならない」と考えるのは早計です。

リフォームすることによるメリットとデメリットをしっかり確認しましょう。

 

■リフォーム後の売却メリット

・リフォーム後の物件は、購買意欲が高まり、成約率が高くなる。

・訳があって、リフォームローンが組めない方がいる。

・買主はリフォーム費用を考える必要がなく、住居のイメージがしやすい。

 

■リフォーム後の売却デメリット

・物件価格に対して、リフォーム費用を上乗せして売れるとは限らない。

・買主が自分でリフォームされたい場合には売れない。選択肢を狭める。

・リフォーム後に売れるとは限らない。リフォーム費用のみが負担となってしまう。

 

リフォーム前後によるメリット・デメリットがありますが、

先ずは不動産業者に売却に向けて相談することをお勧め致します。

一般的には、リフォームされない方が多いようです。

ご自身でリフォーム、売却の伝手があるのであれば、大きなリターンとなりますが、

そのような方は極少数かと思われます。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ