手付金の支払/不動産業者へのイメージ

■テーマ 手付金の支払/不動産業者へのイメージ

不動産購入時に検討されるポイントとして、不動産購入価格、月々の支払い、ローン、初回支払費用などさまざま上げられますが、

いざ購入を具体的に検討された場合に初回の支払金額に悩まれる方も多いのではないでしょうか。

特に手付金は、購入価格の10%が一般的なイメージとなっており、

物件価格3,000万円であれば300万円、5,000万円であれば500万円と物件価格が高騰すると、手付金も高くなります。

月々の支払いは問題ないけど、手付金が払えないという方も多く、「300万円を100万円にして欲しい」とおっしゃる方もいらっしゃるようです。

 

不動産業者視点で考えると、売れ残りの物件や、景気が悪く売れ行きが悪い物件であれば何とかしようと考えてもらえますが、

逆の状況であれば検討する余地はありません。条件の良いお客様を選択されます。

不動産購入は、人生で1度という方も多いことから、物件購入まで慎重にならざるを得ませんが、

購入した物件がみつけたときには、いつでも購入できる状況でありたいのが本音かと思います。

不動産購入は、景気の左右により価格も大きく変動することから、タイミングも重要となります。

手付金があることを念頭において、購入の検討をしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ