不動産査定・売却は流れが肝心!!

不動産査定・売却は流れが肝心!!

不動産の売却を実施するにあたり、不動産の査定から始まりますが、机上査定と訪問査定があるのはご存知でしょうか。
査定の方法や流れを理解し、正しいやり方で実施しないと不動産売却は失敗してしまいます。
不動産査定からしっかり確認していきましょう。

・不動産売却は査定から

不動産売却はまず最初に必ず査定が必要になります。
しかしながら、不動産というのは非常に大きなものなので慎重に扱う必要があります。

・不動産査定は複数の業者に依頼するべきか?

1社だけで正当な査定価格であるかを判断するのは難しいので
複数の会社の査定を受けたほうがよいです。
もちろん査定価格はそれぞれの不動産会社によって異なった金額なるかと思いますが、
理由として、なぜその価格になったのかの詳細を確認した上で
最終的な判断をする必要があります。
そのためには、ある程度ご自身で相場を知っておく必要があります。
相場は不動産会社が利用するサイトで地域や過去の事例等から相場が把握できます。
今では複数のポータルサイトでも確認することが可能です。
売却相場を踏まえた上で、査定してもらうと不動産業者とより良い話し合いができます。
実際に査定してもらうにあたり、訪問してもらい、住宅を見てもらった上で、
金額を提示してもらうと売却相場に合った「より実際に売れやすい金額」になるため、
何件かの不動産会社の評価をしながら選ぶことが重要です。

・不動産査定後の次にするべきことは?

不動産会社での査定が終了したら、次に売るための価格=売却価格を決めます。
不動産会社と話し合い、実際の査定金額を参考に売却価格を決定し、媒介契約を結びます。

そこからは不動産会社があなたの物件の販売活動、広告活動を行い、
買主が現れた場合には不動産会社が立会いの下、
契約が行われ、手付金の支払いがされます。
金銭面についても不動産会社にお任せすることで、実際に金額が支払われるようになります。
手間はかかりますが、人生にそう何度もない、非常に大事なことなので、
きっちり最後まで丁寧にやることを心がけましょう。
ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒査定/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ