不動産売買契約に関する注意点(購入編)/3つの手付金とは?

■テーマ 不動産売買契約に関する注意点

~不動産売買契約の基本的な考え方~

売り主と買い主との契約は、法令に違反しない限り自由であり、自己責任での契約締結になります。
売り主は不動産会社、買い主は一般の個人の方が多いため、知識的な面でも売り主が絶対的に優位な状況にありますが、
買い主が不利益を被ることをできる限り防ぐために契約手続きには一定の法整備がされています。
契約に際し、トラブルを未然に防ぐ意味でも、契約前に宅地建物取引主任者によって行われる重要事項説明書は内容をしっかり確認しましょう。
宅地建物取引主任者側も読み上げる内容が多いことから、消費者の理解度を確認されずに読み上げられることもよくあります。
最も重要な契約に関する不明点は、全て確認をしましょう。

~手付金について~

契約締結時には手付金を、買い主が売り主に支払うことが一般的です。
手付金には3種類あります。

1.証約手付
ー契約の締結を証することを目的

2.解約手付
ー買い主は既に支払った手付金を放棄すること
ー売り主は既に受けとった手付金の倍額を買い主に返すこと

3.違約手付
ー契約違反があった場合に、没収することができる手付け

一般的に不動産売買契約では、解約手付を利用します。
手付の履行に関してですが、解約手付による契約の解除ができるのは、「相手方が履行に着手するまで」とされています。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ