不動産物件を引き渡すまでにする事は?/引き渡しまでのチェックリスト

物件を売却してから不動産物件を引き渡すまでにする事を教えて下さい。

不動産の売買契約を締結すると、売り主には、所有権移転と物件の引き渡しなどの義務が生じます。

引き渡しまでには、様々な準備をしなければいけません。専門家へ依頼することもありますし、各種費用の精算準備、引き渡し書類などの整備などたくさんのことをしなくてはなりません。
準備すべきことをしっかりと整理しておくことが重要です。

引き渡しまでのチェックリスト

□所有権移転登記
□抵当権の抹消の
□土地の実測や境界確認
□現地確認
□引っ越し
□その他
公租公課(固定資産税や都市計画税)や公共料金、管理費などの精算
買い主へ引き渡す書類等の整理(建築関係書類、鍵など)

売主が事前に準備するチェックリスト

□登記関係書類等
・所有権移転登記の関係書類等(登記を書面申請する場合)
・抵当権抹消登記に必要な関係書類等
□印(登記関係書類に押印する)
□登記費用
□実測図や境界確認書(必要な場合のみ)
□残代金や各種精算金等の領収書(口座振込の場合は振込控えで代替する場合もある)
これらの義務を期日までに果たすことができなければ、債務不履行(約束違反)で違約金の支払いを求められることもありますので、引き渡しの準備で不明な点があれば、速やかに不動産会社に相談しましょう。
□建築関係書類、物件の鍵等の買い主へ引き継ぐべきもの一式
□仲介手数料(媒介契約書の支払条件に基づいて準備する。不動産会社からは領収書を受け取る)

これらのチェック項目を忘れずに不動産売却を最後までしっかりと成功させましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー
簡単45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

uchimo1-300×250

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ