不動産買取査定で高額査定を実現!?

不動産買取査定で高額査定を実現するためにはどのようにすると良いのでしょうか。

不動産買取査定

そもそも不動産売却査定と買取査定の違いは?

不動産売却査定は一般的に、不動産会社が仲介を行い一般の方へ売却活動を実施します。よって、買主は一般の方です。そのため、不動産業者は仲介業者として仲介手数料を得ることで収入を得ます。売却物件は一般の方が購入しますので、市場価格で売却が可能です。一方で、不動産買取についてですが、買取を実施するのは一般の方ではなく不動産業者です。不動産業者は安く買い取って、高く売り、その差額が収益となる訳です。買取価格を高額に設定してしまうと利益が減ってしまうどころか、最悪、市場の環境次第で逆ザヤを起こす可能性があります。そのため、買取価格は市場価格より低くなるように設定して売主に提示を行います。

不動産業者が買い取った物件はどのように処理される?

不動産業者が一般の方より買い取った物件は、価格を上乗せして一般の方へ売却を行うか、リフォームして市場価値を高めて売却を行います。場合によっては、一般の方への売却ではなく、同業(不動産業者)に売却することもあります。いずれにしても、買取は不動産業者にもリスクが伴う一方、利益も極大化することがあります。

一般の人が、買取価格を高く引き上げるには?

人気物件の場合は、不動産業者側が積極的に購入を希望されるため、必然的に買取価格が高騰する可能性があります。しかし、プレミアム物件などの一部の物件に限られます。多くの物件は、市場価値の5割~7割での買取提示額が査定価格として提出されます。一般の方は、即現金で受け取れるメリットはありますが、市場価格より下回る可能性があるため、直ぐに売却する必要性がない場合には一般仲介での売却をオススメします。(一般の方への売却)早急に現金が必要な場合は、買取査定となりますが、少しでも高く査定が欲しい場合には、物件価値を高める必要性があります。簡単にできるポイントとしては、訪問査定の際に部屋の中ができる限り綺麗にしておく、庭の草むしりを行っておく、不要なものは捨てて置く、など一般的なことを行っておく必要はあります。ただ、それでもそこまで大きな査定結果には影響が出ませんが、高額買取査定の結果を頂く一番のポイントは、複数の不動産業者に買取査定を依頼することです。複数の不動産業者に買取査定を依頼し、最も高額な金額を提示して頂けた不動産業者に買い取って頂くことがベストです。一般仲介の売却査定は、あくまで参考価格ですが、買取査定=売却価格になるため、比べることが非常に重要です。

不動産売却・買取一括査定

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ