3つの売りに出す価格

不動産の売却価格を決定する際に3つの売りに出す価格を考えた方が良いのをご存知ですか。

3つの価格(不動産売却)

・売ることができる価格
・売れる価格
・売りたい価格(希望条件)

順を追って確認していきましょう。

1.売ることができる価格

不動産売却を実施する上で、○○○○万円の価格まで値下げすることで売却ができる価格を把握しましょう。
また、その価格は、売主である皆様にメリットがある価格でしょうか。
売却しても良い価格でしょうか。
売却の条件となる最低価格を考えておくことはとても重要となります。

2.売れる価格

不動産業者の客観的な売却査定により、市場に対して売れるであろう価格が算出されます。
ただ、この売却査定価格も客観的な指標にしか過ぎません。
実際には、査定価格より高く売れることもあるかもしれません。
一方で全く売れないことになるかもしれませんので、参考指標として捉えておきましょう。

3.売りたい価格

売主の皆さんが売りたい希望条件の価格です。
おそらく上記の「売ることができる価格」や「売れる価格」より売りたい金額が上回ることが一般的です。

この3つの売却価格を考えることがなぜ重要なのでしょうか。
それは、不動産売却を実施する上で、最高ラインと最低ラインを考えた上で不動産業者、顧客対応に当たることができるためです。
不動産が売れない場合に、大抵不動産業者は価格の値下げ条件を相談してきます。
これは、市場価格に対して高い金額を出している場合、顧客からの内見はもちろん、問い合わせすらない状況になり、
成果で売上が計上できる不動産業者からすると、売れないことは何もメリットではないからです。
少しでも早く売却させたいと考えております。

もし、売主の皆さんが少しでも早く売却したいのであれば、価格の値下げなども検討しなければなりません。
一方で、資金に余力があり、ゆっくり売却をしたい。希望条件で売却をしたいのであれば、
妥協する必要はありません。
売主である皆さんの状況は、一人一人異なっているため、何が正しいという議論は難しいのですが
上記3つの売却価格を理解しておくことで、冷静で不動産売却を進めることができます。

ーーーーーーーーーーーーーー
45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ