土地、マンション、戸建が売れないのは営業マンに問題あり?

土地、マンション、戸建が売れないのは営業マンに問題あり?

土地、マンション、戸建が売れない時は営業マンに問題がある可能性があります。
不動産査定を行って、媒介契約を行っている不動産会社の
営業マンに問題があって売れない。というケースが実はあります。

宅地建物取引主任者の免許を持っていない営業マン

私たちに取って最も大きな買い物である不動産ですが、
この販売に携わる不動産会社で働いているのも関わらず
宅地建物取引主任者の免許を持っていない営業マンが
実は多いのがこの業界です。
しっかり頼んでいる不動産会社の営業マンが
宅地建物取引主任者の免許を持って知識のある人間なのか
確認をする必要があるかもしれません。

セールストークだけで不動産は売れない

特に多いのが、売却を頼んでいる不動産会社の
免許もなく、不動産のことをよく分かっていない営業マンが
「低金利だからお買い得です!」とか
「家賃を払うくらいなら買った方がお得ですよ!」
などといった根拠のないセールストークを使い、
逆に購入希望者の信頼を損ねて購入に至らないケースもあります。
こういった営業マンがいるような不動産会社に媒介契約を頼んでいる場合は
別の不動産会社に変えることも考えてもいいかもしれません。

購入希望者はどんどん賢くなっている。

特に昨今ではインターネットで色々な情報が手に入る時代です。
先ほどのような薄っぺらいセールストークを繰り出す
営業マンの価値というのがどんどん薄れてきています。
購入者の知識を超えてしっかりと不動産全般の知識や
頼んでいる土地、マンション、戸建の内容もしっかり把握して
購入者と信頼関係を築けるような不動産会社の営業マンを選ぶようにしましょう。

そうすれば土地、マンション、戸建が売れないといった状況を打破する
一つの手段になるかもしれませんね。
ーーーーーーーーーーーーーー
簡単45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定のウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ