土地が売れないなら値段から見直そう!

土地が売れないなら値段から見直そう!

土地が売れない時は何をすべきでしょうか?
マンション、戸建のようにリフォームなど出来ればいいですが、
土地はなかなか変えることは出来ません。
土地が売れない時は、まず値段を見直しましょう。

土地の値段が高すぎるから売れない?

どんなに不動産会社ががんばっても土地が売れないということは
「土地の価格高すぎる」ということが第一に上げられます。
例えば貴方が購入者の立場になってみた時、
同じエリアの土地をいくつか検索してみた時、
きっともっと安くてお得な土地が欲しいと思うはずです。
「値段」というのはまず一番に購入者が気にするポイントです。
不動産サイトの検索項目でも非常に重要な要素になります。
そのため価格の設定には慎重に比較して検討する必要があります。

土地の値段はどうやって設定したら売れる?

では、土地の値段はどのように設定すればよいのでしょうか?
すでに媒介契約を結んで市場に売り出しているのであれば、
再度価格を設定するために不動産査定を行ったほうがいいかもしれません。
その際に注意すべきポイントは、
現状この不動産会社にこの値段で売り出してもらっているということ、
媒介契約を結んでいるということをしっかりと伝える必要があります。
これは隠していてもおのずとバレてしまうので、
事前にしっかりと伝えるようにしましょう。

土地の値段をつける場合のポイントは?

しっかりと不動産会社に事実を伝えて「売れなくて困っている」
という状況を理解してもらいましょう。
不動産会社によっては色々なアイディアや施策
を持っている不動産会社もいるかもしれませんし、
ご自身でも例えば不動産ポータルサイトで検索した時に上位に表示されるような
価格設定や、同じような土地と比較した際に自分の土地に来てもらえるような
施策を考えることも重要です。

まずは価格をしっかり見直すと同時に、その土地をどうやって
購入者にアピールし、購入者がその土地を買いたいと思ってもらえるか
意識して価格設定をすることが土地が売れない状況を打破する
一番の近道になるのではないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ