不動産査定・売却をお願いする会社は、本当に査定・売却に慣れていますか?

不動産査定・売却をお願いする会社は、本当に査定・売却に慣れていますか?

不動産査定・売却を依頼する際、不動産売買に慣れている不動産業者であるか
客観的に判断する必要があります。
不動産会社といえど、さまざまな分野で得意分野を持っております。

・不動産会社の仕事の種類とは

1.不動産仲介

⇒賃貸の仲介
⇒売買(戸建、マンション、土地)の仲介
※売買でも戸建が得意、マンションが得意、土地が得意等があります。
⇒商業用不動産の仲介
⇒倉庫等の不動産仲介

2.新築分譲マンション、戸建ての建設及び販売をする不動産
3.商業用施設やビルなどの建設をメインとする不動産
4.貸主として大家業を行っている不動産
5.競売や任意売却、転売を得意としている不動産
6.投資用マンションの販売を行っている不動産
7.REITなどの不動産ファンドを得意とする不動産

 

などなど、これだけ考えてもさまざまな不動産業者があることをご理解頂けます。
賃貸を得意とする不動産業者に売却依頼を行っても、ノウハウがないため
査定の方法すらわからない会社があるのも事実です。

一方で、不動産の免許を持っていることにより、どのビジネスでも行うことができるのも事実です。
査定や売却依頼をするのであれば、不動産売買の実績がある会社を選定しましょう。

・不動産査定や売却は知人に依頼をする?

不動産査定や売却を友人や知人に依頼される方も多いのではないでしょうか。
大前提として、信頼関係で成り立っていることが考えられますが
上述させて頂いたように、友人や知人が不動産査定や売却の経験を持っているのであれば問題ありませんが、
経験がないのであれば非常にリスクとなることを頭に入れておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ウチモTOP

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ