古い戸建は更地にして売却や買取のほうがいいの?

古い戸建は更地にして売却や買取のほうがいいの?

古い戸建をお持ちの方はそのまま売却するか、
更地にしてから売却や買取を検討するか悩む事もあるでしょう。

戸建のようなうわもの付きより更地のほうがいい?

実際古い戸建のある土地よりも更地のほうが需要がのびているため、
更地にするのも一つの手です。
しかしながら、全ての土地や古い戸建に対してそうかといえば
実際はそのまま不動産査定や買取査定をしたほうがメリットがある場合もあります。

古い戸建はリフォームすれば売却出来る?

例えば逐年数が20年以上あるような戸建はどうしても
あちこちに修繕ポイントが出てしまい、
結果、リフォームありきになってしまう場合もあります。
もちろんリフォームしてあれば築年数が古くても買いたいと考える方もいますし、
リフォームの市場の伸びているので検討も必要でしょう。
しかし、昔から更地のほうが好まれる傾向もあるので、
自分の土地がどちらのほうが好まれるかを判断して決めましょう。

古い戸建を更地にするのはどんなデメリットがあるの?

古い戸建を更地にする場合はメリットだけでなく、デメリットもあります。
金銭面のデメリットが大きいのですが、
戸建の解体費用や固定資産税などの問題が上げられます。
このような問題を考慮しつつどちらが
売却や買取に一番近い道かを考えて判断していきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

古い戸建は更地にして売却や買取のほうがいいの?

古い戸建は更地にして売却や買取のほうがいいの?

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ