不動産(戸建、マンション、土地)の売却の流れ

不動産(戸建、マンション、土地)の売却を考えた際にどれぐらいの月日と
どのような手順にて売却活動が行われるのでしょうか。
また、売主は何かすることがあるのでしょうか。

■不動産(戸建、マンション、土地)の売却の流れ(一般仲介)

・査定から売却契約締結の手順

1、不動産業者選定(査定)

⇒不動産売却に向けて、査定依頼から始まります。
査定だからといって、無暗に行ってしまうと不動産業者選定と繋がる作業になるため、
非常に危険です。むしろ、初回の不動産査定こそが売却活動に伴い重要です。

2.不動産査定依頼(Web上より可)

⇒不動産業者に査定を実施してもらいます。
査定には机上査定訪問査定があります。
それぞれの特徴を理解して依頼しましょう。

3.不動産業者とのコンタクト(電話)

⇒不動産業者へ査定依頼を実施すると、不動産業者より連絡が入ります。
不動産(戸建、マンション、土地)を売りたい意思を伝えることにより
不動産業者より売却理由や、売却希望価格など、売却に必要な条件をヒアリングされます。

4.査定結果

⇒不動産業者より査定結果を確認できます。
査定そのものは、複数の不動産業者に依頼することが可能です。

※1~4までについては、不動産業者と対面せずとも実施することが可能です。

5.不動産業者との面談

⇒どの不動産業者に依頼するべきか非常に重要な選択となります。
複数の不動産業者と面談を実施して、最も適切だと思う不動産業者を選びましょう。

6.不動産媒介契約締結

不動産売却に向けて、売却するための手続きを交わし、依頼完了となります。

・不動産売却活動~買主の購入まで

7.売却活動の開始

依頼された不動産業者が買主を探し始めます。
売主は、基本何もすることがありません。

8.買主予備軍からの問い合わせに対し、内覧対応

売却する住居が不在であれば、依頼した不動産業者が内覧対応を実施します。
売却物件に居住している場合であれば、不動産業者から内覧希望の連絡が入ります。

9.買主から申込書受領

内覧後に、買主が購入意思を固めることにより、申込書を受領します。

10.買主と売買契約

契約に伴う必要条件を不動産業者より買主に説明を行い、売買契約を交わします。

11.決済及び、引き渡し

売買代金の入金を確認して、鍵を引き渡します。
1~11が基本的な一般仲介における不動産売却活動の流れです。
仲介と買取では売却の流れが異なっておりますので、ご参考までに
下記をご覧ください。

不動産売却の流れ

不動産売却は、1~6までが非常に重要であり、
その中でも売却査定が重要であることがおわかり頂けるのではないでしょうか。
査定を行う場合、必ずしも売却意思が確定している必要はありません。
先ずは、お持ちの不動産の市場価値を確認してみてはいかがでしょうか。
将来の売却に備え、客観的な市場価値を把握しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ウチモTOP

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ