専任媒介契約(せんにんばいかいけいやく)【不動産用語】

専任媒介契約とは、媒介契約(3つの種類)の内の1つの契約形態です。

【専任媒介契約の特徴】

売主が1社とのみ媒介契約を結び、
他の不動産会社には依頼することができない契約形態です。
似たような用語として、専属専任媒介契約がありますが、大きな違いとして
専属専任媒介契約は売主自身で買主を見つけることができない契約に対して、
専任媒介契約は、売主自ら買主を探し取引することができます。

不動産業者側からすると、一般媒介契約のように他の不動産業者に取引を
奪われることがないため、集客活動に伴う広告費などは一般媒介契約より
積極的に使う傾向があります。不動産業者側も責任感が問われますので、
比較的しっかりした対応をしてもらえます。

専任媒介契約を結んだ不動産業者は、指定流通機構への物件登録を
媒介契約締結から7日以内に行う必要があります。また、依頼された
売主への業務報告として2週間に1回以上行う必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ