共有名義の中古マンションの査定はどうするの?

共有名義の中古マンションの査定はどうするの?

共有名義の中古マンションの場合はどのように査定すればよいのでしょう?
例えば結婚して夫婦で共有のマンションを購入している場合や
家族で共有名義の中古マンションを持っている場合もあります。

共有名義の中古マンションも査定出来るの?

このような共有名義の中古マンションも
不動産査定を行うことで、売却をすることは可能です。
しかしながら、離婚による中古マンションの売却などで、
揉める話などもよく聞きますが、共有名義のため、
名義人全ての同意がないと中古マンションを手放すことは出来ません。

共有名義の中古マンションを売却するには?

共有名義の中古マンションの売却には名義人全員の同意が必要なので、
書面で同意書をもらうのみでよいかといえばそうではありません。
例えば契約や決済の時には名義人全員の出席が必要となるのです。
そのため、普通の中古マンションの売却よりも手間や面倒が増えます。
売却したほうがメリットがあるのであれば、名義人全員の同意を得ることも
可能ですが、一部の名義人にデメリットがある場合や
売却に関して反対意見がある場合は事前にしっかり話合う必要があります。

自分の所有部分のみ売却することも可能?

自分の所有部分のみを売却することは法的には可能ですが、
実際は色々と問題が出てきて難しいケースもあります。
また、不動産会社が難しい案件のため取り扱わないケースもあるでしょう。
しっかり名義人全員と話あって売却の意思を固めて査定を行っていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー

簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ