居住中の中古マンションは売れるのか?査定はできる?

居住中の中古マンションは売れるのか?

中古マンションを売る際に、空き家にするべきか?居住中でも売却できるのか?査定は?などさまざまな質問を頂きます。
初めての中古マンションの売却になるため、不安になるのも当然でしょう。
では1つ1つ確認しましょう。

・中古マンションは居住中でも売却できるのか?

→結論としては、売却可能です。
家の住み替えに伴う売却需要は非常に大きいため、多くの方は居住中での売却になります。

・「空き家」と「居住中」の家の売却の違いは?

→買主が中古マンションを内覧する際に方法が異なります。
空き家は、媒介契約締結後、売却されたい中古マンションの鍵を不動産業者に渡し、
買主から内覧希望があれば、委託した不動産業者が中心となり、買主の内覧対応を実施します。
不動産業者側は、買主との話し合いにて内覧を進めることができるため、効率が良いといえます。

一方、居住中の家の内覧は一苦労あります。
委託した不動産業者に買主より内覧希望があった場合、売主の予定を確認の上、買主と調整する必要があります。
不動産業者は仲介役のため、日程調整が難航することがあります。
さらに、折角の内覧であっても、売主が居住している中古マンションであるため、生活空間を買主予備軍にみられることになり、場合によってもイメージと異なってしまう可能性もあるでしょう。
不必要に家具などが置いてあることから、買主のイメージと異なってしまうことがあり、内覧からの売却率は下がる可能性があります。
また、買主を連れてくる不動産業者は、売主が委託した不動産業者とは限りません。
委託する不動産業者との契約内容によっても異なりますが、広く利用される一般媒介契約においては、
仲介者業者が買主を連れてくることもあり、売主は都度時間が取られると共に、生活空間を多くの方にみられることになります。

・家の売却成功率に差が出る?

「空き家」と「居住中」での売却成功率には差が出る可能性があります。
一番のポイントは、上述の通り「内覧の日程調整」がしやすいかどうかです。
居住中である場合には、売主である皆様が買主の予定に合わせる必要がありますが、
予定調整がつかない場合は、機会損失になる可能性があります。
折角興味を示した買主予備軍が、日程調整のみで失ってしまうことは非常に残念です。
居住中の中古マンションの売却については、立ち合いを依頼できる方を用意しておくことが解決の鍵となります。

・居住中でも中古マンションの査定はできる?

→査定は可能です。
査定には、机上査定と訪問査定があります。
居住の有無は問いません。先ずは、査定依頼から始まりますので
売却希望価格とどのように異なっているか、客観的に確認してみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ