中古マンション査定マニュアルって何?

中古マンション査定マニュアルって何?

中古マンションの査定はどのように行われていくのでしょうか?
中古マンションの査定依頼を出してから不動産会社は
何を元に査定価格を計算するのでしょうか?
実はこれには中古マンション査定マニュアルのようなものがあります。
そのマニュアルを元に査定価格を付けていくのです。

中古マンションの査定はどんな流れ?

中古マンションの査定は査定を受けた不動産会社の営業マンの独自の判断ではなく、
しっかりとしたマニュアルを元に中古マンションの価値を判断していきます。
しっかりと物件を見て、中古マンションの内容も見ていきます。
例えば広さや向き、間取り、立地などの項目を見て、査定額を計算していきます。
もちろん中には、勘や経験だけで査定額を出す不動産屋さんもいます。
また、中古マンション査定では取引事例比較法というものも利用されており、
過去の多様な中古マンション売却の事例を参考にしながら、
より精度の高い不動産査定が行われていきます。

中古マンション査定マニュアルでは点数が大事

もちろん物件の種類や不動産会社によって中古マンション査定の仕方は
変わってきますが、まったく無視して査定価格を算出することは
基本的にはないでしょう。
査定価格を決めるためにはマニュアルを元に点数をつけていき、
その点数が多ければ多いほど査定価格は高くなる傾向があります。

中古マンション市場の動向もチェック

更に、マニュアルや過去の中古マンション販売事例だけでなく、
市場の動向や売主の売却理由も影響してきます。
市場については景気によって左右されるので、
もちろんチェックして総合的に判断せざるを得ませんし、
売主の売却事例でも急ぎで現金が欲しい方は安くせざるを得ませんし、
状況に応じて変わってきます。

これらの色々な事由から中古マンションの査定価格は算出されます。
実際に査定を受ける際にも、是非この点を念頭において依頼してみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ