不動産(戸建、中古マンション、土地)売却成功の5つの指標とは?

不動産(戸建、中古マンション、土地)売却成功の5つの指標とは?

不動産売却(戸建、中古マンション、土地)に向けて、選択、決定を売主が判断しなければならないことがあります。
この選択、決定を誤ると、不動産の売却価格に大きく影響するため、よく考えた上で判断することが重要です。
では、この5つの指標とはどのようなものでしょうか。

不動産売却成功の5つの指標

1.不動産の売却理由

→なぜ不動産(戸建、中古マンション、土地)を売るのか?
売却理由は人それぞれですが、売却理由が明確であることより今後の展望が変わってきます。
・離婚や債務整理が原因で、すぐに現金化して売却しなければならない人
・住み替えを検討しているが、売却には焦っていない人
・時間はどれだけかけても良いけど、とにかく高額で売却したい人
 

2.不動産売却までの時期

→いつまでに売らなければならないのか
理由が明確になると、不動産の売却時期も明確になります。
時期を明確にすることにより、売却手法が変わってくるため、
依頼する不動産業者も変わってきます。
 

3.不動産売却に必要なお金

→売却するために必ず必要な諸費用、売却するために必要な資金が必要になることがあります。
希望売却価格に届かずに、ローンの残債を完済しないと売却できないことがあります。
また、売却をお手伝いしてもらえる不動産業者に支払う仲介手数料や、
諸費用(印紙代、抵当権等抹消費用、引き渡しにかかる費用、譲渡所得にかかる税金など)など、売却には十分なお金が必要になります。
 

4.不動産売却に必要な知識

→高額売却に向けてどのようにどのような選択をするのか
不動産売却に伴う知識が全くないと、不動産業者に言われるがままになってしまいます。
不動産売却に伴う不動産知識を全て学ぶ必要はありませんが、大まかな売却の流れや、
上述させて頂いた必要諸費用など最低限の情報を抑えて置いた方が良いです。
また、高額売却を希望される中で、重要な「選択」「決断」が伴います。
→「不動産業者はどの会社に依頼をするのか」
→「売り出し価格に間違いがないか」
→「値下げは了承するのか」
など、買主との値段交渉を含め、多数の選択と決断があります。
これを間違えると数百万円、数千万円と売却価格に影響が出ます。
現実に、私の知人の不動産売却をお手伝いした際に、6,800万円、7,300万円での購入依頼を断り、
9,000万円で最終的に売却を決断致しました。当初の6,800万円で売却を決断することを考えるとぞっとします。

このように、不動産市場、物件の正確な価値を含め、客観的に状況を理解することが重要です。
上記を理解することは売却査定が重要となります。
 

5.不動産売却を依頼する不動産会社選定

→誰に依頼するのか
中古マンション売却査定から物件引き渡しまで不動産業者に依頼することになりますが、どの不動産業者に依頼するのかが売却価格に大きく影響します。
売却査定により数百万円の提示があることがよくあります。なぜその売却査定であるのかをしっかり確認しましょう。

人生において、最大の取引価格になることは明白です。経験や知識がない中で、不動産売却に取りかかるのは非常にリスクです。運がよく、高額売却できる可能性もありますが、可能性としては低いでしょう。経験がなくとも知識を身につけることで失敗のリスクを限りなく軽減することができます。5つの指標を改めて確認してみてください。
ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ