中古マンションは購入より、売却の方が難しい?

中古マンションは購入より、売却の方が難しい?

中古マンションは、購入より売却の方が難しい事実をご存知ですか。
日本の中古マンションは、完全なる買い手市場なのです。
「需要と供給」のバランスについては先日書かせて頂いた通りですが、
購入より売却の方が難しいのは本当です。

では、ポイントを分けて考えてみましょう。

・中古マンションの購入は簡単?

現在の年収が600万円の人がいた場合、おそらく3,000万円の中古マンションは購入することが可能です。
中古マンションを現金一括で購入する人は、まずいないかと思いますが、銀行からローンを組むことにより
用意に購入可能です。逆にいえば、銀行からローンを組める範囲内であれば、中古マンションを購入できるのです。
一度、銀行にローン借入上限額さえ確認してしまえば、それに見合う中古マンションを探すだけですので、
結果として購入に伴う大きな支障はありません。
※強いていうのであれば、頭金ぐらいかと思います。

・中古マンションの売却は難しい?

結論から申し上げると、上述の通り中古マンションの売却は難しいです。
なぜでしょうか。具体例ををみてみましょう。
中古マンションを3,000万円で購入した福島さん(仮)がいました。
福島さんは、6年入居後に上記の中古マンションを売却したいと考えました。
ローンの支払額は、1年間で120万円×5年=600万円支払っており、残債は2,400万円です。
当然2,400万円以上で売却をしたい。可能であれば、購入価格の3,000万円で売却したいと考える方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、現実的には査定価格2,100万円で300万円を追加で支払う必要性が出たりすることもよくあります。
さらに不動産業者に支払う諸費用を含めると300万円+100万円=400万円ぐらいとなったりします。
ここで多くの方は、「400万円なんて出せない」と思われるのではないでしょうか。
「売りたい値段」と「売れる値段」が異なっている事実を認める必要性があります。だから、売却は難しいのです。
将来的には、住宅が供給過剰になるのは明らかです。そうなるとさらに売れる値段は希望通りにならない可能性が高くなります。

・中古マンション購入時に重要なことは?

中古マンション購入時に注意することは、「エリアの需要」、「不動産価値」など、客観的に中古マンションを売却することを考えた上で購入することが重要です。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ