中古マンション売却後に後悔する人とは?

中古マンション売却後に後悔する人とは?

中古マンション
中古マンションの売却について悩まれる方も多いのではないでしょうか。
いざ中古マンションを売ろうと考えた際に、皆様はどのように行動を取りますか?

・中古マンションを売るときの行動は?

1.知人、友人に中古マンションの売却について相談する。
2.中古マンションの売却方法についてインターネットで検索する。
3.不動産会社に訪問し、直接売却手法について確認する。

本ブログを読んで頂いている方は、おそらく「2」を選ばれる方が多いのではないでしょうか。
一方、多くの方は「1」「3」を選択しているのです。

・中古マンション売却後に後悔する人の傾向とは?

中古マンションがそもそも売れるのかどうかという議論もありますが、
今回は一先ず、無事売却できたと仮定します。
その状況の中で、多くの方は売却後に「本当にこの売却価格で良かったのか」と疑心暗鬼になるものです。
スーパーのタイムセールや、旅行などの格安セールなどで得をする数百円、数万円と違い、
中古マンションの売却は、数百万円の差がつくこともよくあります。
人生で何度もない中古マンションの売却のため、多くの方は経験値がないことから
お願いする不動産会社の言いなりになることもよくあります。
よって、後悔する人の傾向とは

・中古マンションの売却に伴う知識を事前につけなかった。
→不動産会社側の言いなりになってしまった。
→売却価格において、市場価格より低い状況であった。
→景気の動向として、売却l価格が安かった。

このように、正しい情報を売却前に身につけなかったことが後悔の原因となります。
不動産会社側としては、売却手数料が売上となるため、長く売れない状況が続くより
短期間で売却できる方が良いのです。
よって、多少売れない状況が続くのであれば、不動産会社は売却価格の変更(値下げ)を売主に要求することが多いのですが、客観的に考えて、本当に現在の集客方法は正しいのか?本当に値下げするべきなのか?正しい判断に基づいて実施しなければなりません。
知識がないことにより、本来手に入る売却価格より安い値段で売却をしてしまい後で後悔することもあるでしょう。

・中古マンションの売却に向けて、後悔しない売却手法とは?

所謂、正しい情報を身につけることに限ります。
しかし、正しい情報を得るにしても、不動産のことに詳しくない方が大半のため限界値を迎えることはあきらかです。
そこで、以下を実践してみてください。

1.中古マンションの売却依頼をする不動産会社の選定には、必ず複数の不動産会社で比較しましょう。
2.不動産会社の選定前には、マンション査定から始まりますが、弊社の一括査定サイトを利用して、査定価格の比較から始めましょう。
大切なことは、比較することです。比較することにより正しい情報、正しい判断ができるようになります。
皆様が後悔しない中古マンションの売却ができるよう、ウチモでは応援させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡易45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ