中古マンション売却の悩み、私の物件なんで売れないの?

中古マンション売却の悩み、私の物件なんで売れないの?

中古マンション売却を決意し、中古マンション査定を行い、
よい結果が出たので媒介契約を結んで

不動産会社に頼んでいるにも関わらずなかなか売れない。。。
悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

一体何が原因なのでしょうか?

もちろんその中古マンション自体や価格設定に問題ありという事もありますが、
原因の一つに頼んでいる不動産会社に問題ありというケースがあります。

よくある問題点をまとめてみたので、

お願いしている、もしくはお願いしようと思っている
不動産会社が当てはまるかチェックしてみましょう。


 

①不動産会社の知名度がない?

不動産会社の知名度もなく、購入者がそもそも知らないというケースがあります。
その不動産会社がしっかりとその地域で

中古マンションを探している購入者に対して
知られている不動産会社なのかをしっかりとチェックしましょう。

 

②不動産会社の広告センスがない?

不動産会社が知名度を上げる手法として広告が多く使われます。

もちろん地域に根差して長い事営業している老舗の不動産会社なら別ですが、
多くはチラシやインターネットで自社や取扱い中古マンションを広告しています。

その広告の内容を見てみましょう。例えば写真が綺麗じゃなかったら中古マンションの情報が
薄かったら。。。購入者の気持ちになったら問い合わせしたいとは思いませんよね。

しっかり広告をしている会社に頼みましょう。

 

③インターネットが使えていない?

中古マンションを広告する上で最も重要なのが、

インターネットを使ってしっかり広告出来ているかが重要です。

昨今インターネットの普及に伴いほとんどの中古マンション情報はインターネットで見ることが出来ます。
それを写真を載せていなかったり、綺麗に魅せられていない不動産会社は要注意です。

ホームページでしっかり会社情報や中古マンションを綺麗に載せていることは最低条件として、

スマホを多くの方が持っている時代なので、スマホでもしっかり見れるホームページを持っているか

しっかりチェックしましょう。

 

④営業力がない?

いくら中古マンションへの問い合わせがあったとしても
不動産会社の営業マンがしっかり営業してくれないと
売れるものも売れなくなってしまいます。

どんな営業マンがいるのか目で確かめるのはもちろん、
会社の仕組みとしてどのような営業体制なのか確認しましょう。

例えばお客様のカルテをしっかり書いているか?
顧客情報を管理出来るシステムはあるのか?
休日の問い合わせの対応は?等々

購入者と密に連絡を取れる営業体制になっているかをチェックしましょう。

 

⑤報告が薄い

専任媒介契約で報告の義務がありますが、報告の義務以外にも
しっかり報告をくれるかどうかも重要です。

もちろん報告の際にどこまで情報を出してくれるかも確認しましょう。
しっかりと依頼した中古マンションの営業活動をやっていて売れないのであれば

中古マンション自体に問題があるかもしれません。

しかし営業活動をやっている実績が見れないと判断できませんよね。
売却の際の報告内容についてもしっかり確認しましょう。


 

どうでしょうか?

このような項目をしっかりチェックした上で中古マンションを売る上で、
依頼する不動産会社を選びましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ