不動産査定における専属媒介契約について

■不動産査定における専属媒介契約について

不動産査定は複数の不動産会社に依頼して価格を見たほうがいいのですが、
実際に媒介契約を結ぶとなると信頼出来る1社に任せる専属媒介契約を
希望する方もいらっしゃいます。

 

不動産査定と媒介契約の場合は頼む不動産会社の数が違う?

不動産査定の場合は多くの不動産会社に見積もってもらえれば

一番高く査定してくれる不動産会社が見つかるから。というのが理由なのですが、
媒介契約の場合は、一番信頼できる不動産会社1社に任せることで、
依頼した不動産会社と密に連絡を取りながら売却まで進めていくことが出来るから
という理由が多いようです。

確かに、不動産会社側の立場としては専属媒介契約を結んだ売主の方へは
もちろん定められた報告義務はありますが、それ以前に最大限の努力をして
早く購入者を見つけたい!という思いもあるので
積極的に広告活動や営業活動をやってくれる可能性があります。

 

いい不動産会社の見つけ方って?

もちろん、頼んだ不動産会社がインターネットも使えない、営業マンも頼りないような

不動産会社では本末転倒ですが、
しっかりと目利きをした上で専属媒介契約を結ぶことは不動産売却を早く進める上での
ポイントにもなるかと思います。

 

結局どの媒介契約がいいの?

専属媒介以外にも専属専任媒介という方法もありますが、

報告頻度の違いや売主自身が購入者を見つけてきた場合にも
不動産会社を仲介人としなくてはならないなどいくつかの違いがありますので、
しっかりと確認してどれにすべきか判断しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
不動産売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ