不動産の競売物件ってどうやって購入するの?(競売不動産の購入編)

■不動産の競売物件ってどうやって購入するの?(競売不動産の購入編)

不動産の競売物件について購入を考えられた方も多いのではないでしょうか。

しかし、競売不動産についての知識がなく、どのように購入するべきかわからない、

競売不動産のメリット・デメリットがわからない方のために、以下にまとめてみました。

■競売物件とは?

→不動産の競売物件は、裁判所を通して購入することができます。

不動産購入者が住宅ローンの返済ができなくなった場合に、物件を差押え、
裁判所は競売にて販売し、債務に充当致します。

■競売不動産の購入者は?

→以前は、競売不動産の購入は不動産業者が多かったのですが、
法律の改正が進み、現在では一般の方の入札が増えており、
法人・個人問わず、誰でも競売不動産の購入が可能です。

■競売不動産の購入について

→競売不動産の購入は、基本現金一括となっております。
銀行融資も可能ですが、融資を受けられないことも多いようです。

■競売不動産のメリット

→市場価格の5割~7割程度の金額にて購入が可能です。
競売物件情報については、物件明細書、現状調査報告書、評価書などで確認ができ、
競売不動産の購入に関しても簡単に手続きすることができるようになっております。

■競売不動産のデメリット

→一般の物件と異なり、競売不動産は内見することができません。(稀にあります)
同時に、競売不動産の内容について詳細に教えてくれる人がいないことが上げられます。
メリットに記載してある「現状調査報告書」などがありますが、調査そのものが短期間で
実施されているため、仮に報告書の内容と異なっている事実が発覚しても、
キャンセルすることができません。また、瑕疵担保責任がないため、競売不動産に瑕疵が
あったとしても追求ができません。

■居住者がいる場合は?

→購入金額の支払いから6か月以内であれば、裁判所より引渡命令を出すことができます。

■競売不動産の購入の流れ

・物件の選定(競売不動産の調査及び選定を致します)
・入札(事前に保証金を振込、期日までに入札致します)
・発表(結果発表です)
・売却許可決定
・売却許可確定
・代金納付期限の通知・代金納付(記載された期日までに購入金額を支払う必要があります)
・所有権移転登記
・登記識別通知書が送られる。(所有権移転の完了)

 

競売不動産の一番のメリットは、安く購入できることですが、
上記のようにデメリットもあることから、知識がない個人の方は
不動産会社の手助けを借りて、競売不動産の購入をされる方が多いです。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ