売却の時の媒介契約って何?

■テーマ:売却の時の媒介契約って何?

不動産売却をする際に不動産会社と結ぶ契約を媒介契約と言います。
媒介契約には「一般媒介契約」と「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」
という3種類があります。

一般媒介契約というのは
・複数の不動産会社と同時に契約することができます。
・不動産会社は物件の成約に向けて積極的に努力することが求められています。
・もしも自身で発見した購入者(親戚・友人・知人など)に売却する場合は、不動産会社を仲介人とする必要はありません。
・契約期間に定めはありませんが、行政指導に従い3ヶ月程度が一般的です。(更新可能)

専任媒介契約とは
・契約できるのは、ひとつの不動産会社だけです。同時に複数の不動産会社とは契約することはできません。
・不動産会社は成約に向けて積極的に努力することが求められ、さらに、依頼を受けた物件情報を
7日以内に国土交通大臣が指定する不動産流通機構(レインズ)に登録し、また、販売活動の状況についても、14日に一回以上の頻度で依頼者に報告することが義務づけられています。
・自身が発見した購入者(親戚・友人・知人など)に売却する場合は、不動産会社を仲介人とする必要はありません。
・契約期間は最長で3ヶ月です。(更新可能)
専属専任媒介契約とは
・契約できるのはひとつの不動産会社だけです。同時に複数の不動産会社とは契約することはできません。
また、依頼者が自ら購入者を見つけ、直接、契約を売却をおこなうことも制限されます。
・不動産会社は成約に向けて積極的に努力することが求められ、さらに、依頼を受けた物件情報を
5日以内に国土交通大臣が指定する不動産流通機構(レインズ)に登録し、また、販売活動の状況についても、7日に一回以上の頻度で依頼者に報告することが義務づけられています。
・依頼者自身が発見した購入者(親戚・友人・知人など)に売却する場合でも、不動産会社を仲介人とする必要があります。
・契約期間は最長で3ヶ月です。(更新可能)
このように3つの媒介契約がありますが、実際にどれを選んだらいいのでしょうか?

不動産の査定は複数の不動産会社に依頼した方が良いのですが、
果たして契約も複数の不動産会社に頼む一般媒介がいいのでしょうか?

実はそうとは言い切れないのです。
例えば一般媒介の場合は複数の不動産会社に契約する権利があるため、
仮に自分達で広告をした物件も他社に持って行かれる可能性があるのです。

そうするとあまり積極的に広告活動をしてくれない可能性もあります。

専任媒介契約であれば
売却した際の利益は全てその不動産会社の利益になるので、
積極的に広告活動をしてくれる可能性もあります。

しかし、あまりインターネットに強くない、広告出来ないような不動産会社との
専任媒介契約を結んでしまうと結局購入者が見つからない。。
というようなケースもあります。

しっかり3つの媒介契約のメリット、デメリットを理解した上で、
いい不動産会社を見つけて売却を頼むように
心がけましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ