離婚により住宅ローンが残っている家を売る時のポイント

■テーマ:離婚により住宅ローンが残っている家を売る時のポイント

離婚する際には今まで一緒に住んでいた家に1人で住むよりは
いっそのこと売却して新しい生活をしようと思う方は多いです。

夫婦で協力して払ってきた住宅ローンも
1人で払っていくことは大変ですし、
片方がそのまま住み続け、片方が別の家に住みながら
住宅ローンを払っていく場合も滞納等の心配があります。

もしも片方の名義で住宅ローンを借り、片方の名義で
連帯保証人や連帯債務者になっている場合は
連帯保証人を外れることは出来るのでしょうか?

夫婦が離婚する場合はきっぱり縁を切りたい方も多いかと思いますが、
住宅ローンに関しては双方がそれぞれ銀行と契約を交わしているため
離婚しても契約はなくならず、引き続き支払う必要があります。

もしも、連帯保証人を抜けたいと思っているのであれば、
代わりの連帯保証人を見つける必要や
他の金融機関で借りなおす必要があります。

もちろん、家を売却する場合は売却したお金で住宅ローンを
全て返せる方は売却がスムーズに行えます。

しかしながら、不動産市況の変化や物件の老朽化により
売ったお金だけでは足りない場合はローン完済して売却をする必要があります。

住宅ローンを返しきれず、オーバーローンの物件は売却することが出来ません。
こういった状況の場合に任意売却という手法が役立ちます。

簡単に説明すると
家が売れたら優先して住宅ローン返すから、抵当権外してください!
ということを銀行などの債権者と相談する手法です。

しかしながら任意売却は複雑な点も多くありますので専門家に相談した方がよいでしょう。

自身で判断する点として
不動産売却の査定額と仲介手数料と諸費用の合計値が住宅ローンの残債額より少ない場合は
任意売却の検討をすることをお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーー

簡単45秒/売却査定・買取査定はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ