離婚による家の売却/離婚の市場

■テーマ:離婚による家の売却/離婚の市場

離婚による家の売却を検討する際に、知人に相談ができないという方は多いのではないでしょうか。
そもそも離婚をする方はどれぐらいいるのか調べてみました。

■離婚の市場

・日本の離婚率 35%前後
→3人に1人が離婚しています。
→19歳以下の女性では60%以上、20歳~24歳では40%以上の離婚率
→婚姻数66万人対して、離婚数23万人(2013年度)

 

・都道府県別で離婚率が高いエリア

1位:沖縄県
2位:大阪府
3位:北海道
4位:福岡県
5位:宮崎県


45位:福井県
46位:新潟県
47位:富山県

 

・離婚の多い国ランキング

1位:ロシア
2位:ベラルーシ
3位:ラトビア
4位:アメリカ


26位:日本
→アメリカでは、2人に1人が離婚しているそうです。

 

離婚を考えたら不動産についても考えましょう

上記のように、離婚とネガティブに感じる内容も、市場で考えると極一般的に感じる数字になっております。
では、具体的に離婚を考え始めた場合、どのように動くと良いのでしょうか。
家の売却には、住宅ローンの残債があることにより、売却が難しくなることがあるのは
「離婚による家の売却/住宅ローン」にて記載を致しました。
特に、購入時より家の不動産価値が下がっていた場合は要注意です。
家の売却価格では、住宅ローンの残債を支払うことができないためです。
そのため、いざ離婚したいと当人で話し合ったとしても、不動産(家)は簡単に処分することができません。

離婚を考え始めたタイミングにて、持家の処遇について考え、
売却査定や買取査定の依頼を複数の不動産会社に依頼することをお勧め致します。
結婚に伴い、家の購入を人生で初めて経験すると同時に、離婚により人生で初めて家の売却を検討することになります。

家の売却に伴う知識も当然ながらない状況の中スタートになりますが、家の売却に伴う相談は無料で実施することができます。
上記の市場データを確認する限り、世の中には離婚が原因で家の売却をされる方が多いことがお分かり頂けます。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡単45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ