離婚による家の売却/住宅ローン

■テーマ 離婚による家の売却/住宅ローン

離婚による家の売却は、多くの方が悩まれます。
よく質問される離婚後の不動産売却をまとめました。

 

■離婚による売却や住宅ローンの問題1

・離婚の時に住宅ローンの残債がある場合、不動産を売却できるのか?

結論としては、残債が残っていると売却ができません。
条件としては、売却完了時に住宅ローンを全額一括返済しなければなりません。
以下、3点が考えられます。

1.余剰資金で一括返済
2.不動産の売却金額を利用して一括返済
3.不動産の売却金額+不足分を別途支払い一括返済

上記の1、2の場合であれば困ることもありませんが、
住宅価格が下がり、不動産の売却金額に不足金額を充当するにも
充当する余剰資金がない場合が非常に困ります。
その場合、貯金、株やFXなどの投資を資産として売却、金融機関からの融資、
不動産の買い替えがある場合には、購入価格と不足分を借り入れるなどが考えられます。
このような内容で解決できる方であれば良いのですが、必ずしもそうではありません。
不足金額をどうしても用意できないが、離婚による住宅ローンの残債から不動産は売却したいと考えられる方は、「任意売却」であれば、不動産を売ることができます。

※「任意売却」については、任意売却専用に内容を書いておりますので、下記、関連記事よりご確認をお願いします。

 

■離婚による売却や住宅ローンの問題2

共有不動産、共有名義(夫・妻・親)の変更(持分の変更)は出来るのか?

結論としては、住宅ローン名義において金融機関(銀行など)から承諾を得ることができれば持分の変更なども可能です。離婚による財産分与といえ、勝手に名義変更することはできません。

家を購入する場合に、夫・妻・親などの共有名義にて不動産を購入することがあります。
一方で、離婚をしてしまうと家の売却を考えられますが、上記に記載のあるように残債が残っていると簡単には売却できません。夫か妻のどちらかが残債を支払うことを考えた場合でも、名義には「所有名義(不動産名義)」「住宅ローン名義」があり、所有名義をどちらかに変更できたとしても住宅ローン名義は、銀行毎に承諾条件が異なっているおり、離婚であることが理由であったとしても承諾を得ることは容易ではありません。承諾が下りないことから離婚後も共有名義として家を所有することもありますが、支払を滞ると競売にかけられてしまうこともあるため、離婚後の家の売却はしっかり計画を立てる必要性があります。離婚後の財産分与で最も苦労するのが家の売却なのです。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡単45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ