不動産会社と媒介契約を結ぶ(売却編)

■テーマ 不動産会社と媒介契約を結ぶ

不動産会社に売却依頼をする場合、「媒介契約」を締結します。
媒介契約には、3種類あり、手数料を明確にする上でも大切な契約となります。
■媒介契約の必要性
売主が不動産会社に売却依頼を実施する場合に、どのようなサービス、どのような手数料で
委託するのか、仲介業務でのトラブルを防ぐ意味で媒介契約の締結が法的に定められています。

■媒介契約の3つの種類

1.専属専任媒介
1社とのみ媒介契約。買主が自ら売主を探すことはできません。
買主は、1週間に1回以上の業務報告義務有り。
買主側としては、拘束力が強い契約であることから有効期間は3か月以内となります。
※3か月以上の契約でも有効期間は3か月と考えられます。

2.専任媒介
1社とのみ媒介契約。買主が自ら売主を探すことができます。
買主は2週間に1回以上の業務報告義務有り。
買主側としては、拘束力が強い契約であることから有効期間は3か月以内となります。
※3か月以上の契約でも有効期間は3か月と考えられます。

3.一般媒介
複数の業者と媒介契約可。
業務報告の義務なし。
買主側としては、拘束力が少ないことから契約期間について法的には定められていない。

ーーーーーーーーーーーーー
■媒介契約のメリットとデメリット
1.専属専任媒介
メリット:不動産会社側からすると、他の不動産会社に契約を交わされることがなく
物件が決まりさえすれば、確実に手数料が入ることから積極的に広告を投下しやすい。
不動産会社側にとって、最もモチベーションが上がる契約形態。
デメリット:営業力のない会社に依頼すると物件が売却できない。

2.専任媒介
メリット、デメリットはほぼ同様。
ご自身で売主を探せる可能性があるのであれば、問答無用に専任媒介契約となります。

3.一般媒介契約
メリット:不動産会社の営業能力に問われずに売主を探すことができる。
不動産会社側に競争の意識が生まれる。
デメリット:広告活動を行っても、契約締結を自社で行わない限り手数料が入らないため、
積極的な広告活動は控える傾向あり。また、責任感の意識が弱い。

ーーーーーーーーーーーーーー
簡単45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ