不動産業者/売却活動に伴う広告とは?

■テーマ 不動産業者/売却活動に伴う広告とは?

不動産会社に査定を依頼し、売却活動に伴う媒介契約を交わし、いざ売却へ・・・と考えられるかもしれませんが、

そもそも不動産業者がどのような売却活動を行っているのか、売却に伴いどのような広告を打っているのか確認しましょう。ご自身の不動産(戸建、中古マンション、土地)が売れない原因は、依頼されている不動産業者の営業力かもしれません。

 

■主な不動産広告

・自社ホームページへ

・インターネットポータルサイト

・ポスティングチラシ

・新聞広告

・不動産流通サイト(不動産専用業者サイト)

 

上記は、不動産広告において基本的な内容ですが、

不動産会社によっても、売却物件によっても売却活動の本気度が変わってきます。

不動産業者側の逆の視点で考えるとわかりやすいのですが、簡単にいえば、売却に伴い

儲かるかどうかです。物件の価格帯、契約形態の手数料により広告の打ち出し方も変わってきます。

大手不動産会社だから良い、知人の不動産会社だから良い、売却実績が豊富だから良い。ではなく、

ご自身の物件がどのように広告を打たれているか確認することが重要です。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ