相続した不動産の売却と必要書類

■テーマ 相続した不動産の売却と必要書類

 

不動産を相続された場合、さまざまな状況が考えられるかと思います。

そもそも、相続される段階にて不動産の名義変更が行われますが、

相続人が多い場合は、共有名義として相続されることもあります。

共有名義、共有不動産となると、持分が分割されるため、

相続不動産の今後の方向性をしっかり話し合う必要性あります。

話し合いの結果、土地、建物を売却するとなった場合、

相続人で遺産分割を公平に行うことができますが、売却には税金がかかります。

相続した不動産を売却する場合で、譲渡益に対して譲渡所得税や住民税等の税金が必要となります。

一方で、譲渡益がなければ課税はされません。

税金の有無についてもしっかり不動産会社に確認することをお勧め致します。

 

 

■相続不動産の売却に必要な書類

・身分証明書

・実印

・印鑑証明書

・住民票

・登記識別情報

・固定資産税納税通知書

・固定資産税評価証明書

など。

 

■相続した不動産を放置しておくと・・・

不動産相続は、相続のみでも税金が必要になるだけでなく、放置しておくと

固定資産税を支払う必要があり、無暗に放置すると大変です。

戸建て、マンション共に年月の経過と共に、市場価値は下がるため

利用価値がない場合には、売却した方が良いかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ