不動産売買契約締結後の解除について

■テーマ 不動産売買契約締結後の解除について

売り主と買い主で契約締結後、契約解除(キャンセル)を実施したいと思っても、

一方の都合で簡単に契約を解除(キャンセル)することはできません。

 

■契約の解除(キャンセル)には以下のようなものが存在します。

・手付金による契約解除

契約の履行に着手するまでは、買い主は手付金の放棄により契約解除可能です。

売り主は、倍額を買い主に支払うことにより契約解除可能です。

 

・クーリングオフによる契約解除

売り主が不動産会社で一定の条件を満たす場合に契約解除が可能です。

 

・両者合意による契約解除

買い主、売主双方の合意の元、契約解除が可能です。

 

・特約による契約解除

契約時に特約を記載しており、相違なければ契約解除が可能です。

最も多いのが、買い主が住宅ローンを受けられないことが発覚した場合などがあります。

 

・危険負担による契約解除

天災など、契約の目的が達成できない場合、買い主は契約解除可能です。

 

・瑕疵担保の責任に基づく契約解除

買い主が購入した不動産に欠陥があり、当初の目的を達することができない場合に契約解除が可能です。

ーーーーーーーーーーーーーー
売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの不動産売ったらいくら

あなたの不動産売ったらいくら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ