不動産は「査定」「売却」が最優先? それとも「購入」が最優先?

◆テーマ  不動産は「査定」「売却」が最優先? それとも「購入」が最優先?

お客様の事情によっても異なるため、安易にどちらが最優先とはお伝えができませんが
不動産の売却に伴い、それぞれのポイントを確認しましょう。

■「売却・査定」を最優先

1.売却前の物件と購入後の物件の二重ローンを敬遠される場合
2.買い替え希望はあるけども、具体的な物件が決まっていない場合
3.ローンの残債があり、購入資金をしっかり確保したい場合

■「売却・査定」先行によるリスク

・売却後に入居先がない場合
→売却価格の選定時間が長いため、満足のいく売却価格にて契約することができますが、
売却後に入居先がない場合、賃貸物件に住むことになります。賃貸物件に住むコスト及び、引っ越しを2度行う必要性があります。無駄なコストを抑えたいと考える場合には、売却後に購入したい物件を早急に探すことになります。

■「購入」を最優先

1.非常に気に入った物件がある場合
2.ローンの残債が少なく、購入資金がしっかりある場合

■「購入」先行によるリスク

・資金に余力がなく、売却を急ぐことになる場合
→売却価格は一般的に売却期間に比例する傾向があります。売却期間が短くなることにより、満足のいく価格で売却できない可能性あります。

いかがでしょうか。
購入資金や、売却物件の残債状況など、各自資金計画を考えながら不動産の売却・購入を進めていかなければなりません。

ーーーーーーーーーーーーーー
最短45秒/売却査定・買取査定はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

uchimo1-300×250

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ