中古マンション売却のいい時期は?

中古マンション売却のいい時期は?

中古マンション売却に一番適した時期は一年のうちいつなのでしょうか?

中古マンションの成約が多かった時期はいつなのか、 中古マンション成約件数を不動産流通近代化センターの資料を調べてみました。

中古マンションの成約件数は?

首都圏の中古マンションは毎月3,000件程度成約している。

不動産流通近代化センターの資料によると

首都圏の中古マンションは平成25年9月〜平成26年8月まで

毎月3,000件程度の中古マンションの成約件数があると掲載されています。

この1年間で一番多い月は平成26年3月で、なんと3,994件も成約しています!

中古マンションの売れやすい時期、買いやすい時期は3月なのでしょうか?

新生活を迎える4月に備えて新居を購入したり生活が変わる人も多いのかもしれませんね。

逆に中古マンションの成約件数が一番少ない月は 平成26年の8月で2,118件です。

3月とくらべて1,000件近くも少なくなるんですね。

これはお盆や夏休みの影響もあるのでしょうか?

とはいえ、首都圏で2,000件も中古マンションの売りたい人と買いたい人との マッチングが

成功している訳ですから凄いですね。

中古マンションの売却を考えた時はこの時期を狙って売却計画を立てるのも

売却成功への近道になるかもしれませんね。

中古マンションの平均価格は?

次に首都圏中古マンションの成約の平均価格に関してですが、

これはこの1年間で2,600万円程度を推移していますね。

これは8月が一番高く2,819万円と比較的高くなっていますが、

これは景気の影響などがあるのでしょうか? このデータは自身の持っているマンションと

比較して売却する際の参考価格にしたいですね。

中古マンションの平均平米は?

中古マンションの平均平米数は毎月40平米弱を推移しています。

これはやはり、一番購入しやすい広さや価格帯にあったマンションや

平均的な中古マンションの広さと同じになるのではないでしょうか。

この平均の広さと価格を比較して自身の中古マンションを売却する際の 参考価格にすると

売却成功への近道や不動産会社との査定に対しての 判断基準になるのではないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーー

簡単45秒/売却査定・買取査定はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不動産売却・買取一括査定のウチモ

不動産売却・買取一括査定サイトのウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ