逆査定とは?/不動産屋を査定しましょう。

不動産の査定依頼実施後、売却に向けて直接不動産会社と立ち合いすることになります。
その際に、どのような判断で仲介を依頼する不動産業者を選定すると良いのでしょうか。
不動産の売買仲介を依頼する際に担当者を見極めるポイントを記載致します。
不動産一括査定ウチモ

こんな不動産業者、担当者には注意しましょう。

1.話を聞かない不動産業者、担当者
不動産売却に向けて非常に悩みは深いものです。
当然知識は、日々業務を行っている不動産業者の方があり、売却依頼をされる売主の皆様は
そこまで知識を持っていない場合が多いと思います。
その際に悩みや不動産売却に向けて疑問に感じることも多いのではないでしょうか。

プロは、お客様の悩みを解決するのも仕事の1つです。
しかし、一方的に話を始める不動産業者には注意が必要です。
顧客視点に立っていないため、自社や自分達のことを考えて交渉してくる可能性があります。
一方的に話を始める不動産業者には注意しましょう。

2.担当の不動産売却経験や知識が乏しい場合

売却金額や、仲介手数料が少ないと考えられた場合は、
担当者の経験が浅い or 新人が担当する場合があります。
不動産会社も法人ですので、売上を考えて接客をします。
そのため、単価の高い案件は優秀な営業マン、単価が低い案件は新人に任されることがあります。
色々質問を投げかける上で、持ち帰って確認することが多いようであれば、仲介の依頼をされることを
再検討致しましょう。

さらに、初回はベテラン担当が対応して、案件の詳細を確認した上で担当が変わることもあります。
この場合も後任の担当のスキルを確認する意味でも、さまざまな質問をしてみましょう。
結局のところ、人と人の商談であり、同様に裏側には売上を意識されております。
その中で顧客目線で仕事をしている不動産業者は素晴らしい接客をしてくれます。
人生で何度もない不動産売却となりますので、後悔のない選択ができることを心より応援しております。
不動産売却・買取一括査定のウチモ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
tel
 

このページの先頭へ